CASE

導入事例

導入事例 - 医療機関(松田耳鼻咽喉科様)

待合状況がわかりやすくなったことで
患者様とクリニックを繋ぐ大切なサービスに

【課題】待合に関する問い合わせやクレームの増加

当院では、曜日や時間帯によっては患者様が集中し、かなりの混雑となることがあります。そのため混雑状況のお問い合わせも多く、また混雑がひどい場合は待合中の患者様からクレームをいただくこともありました。

スタッフの負担も大きかったため、なんとか解消できないか…と考えていた矢先に、「ネコの目システム」のサービスを知りました。

<松田耳鼻咽喉科(福岡県大野城市)>

【効果】運営全体に好影響が

わざわざ電話で患者様からお問い合わせをいただかなくても、携帯電話かスマートフォンで「ネコの目.com」を使えば「いつでも」「どこからでも」混雑状況がわかります。
結果、待合に関する患者様からの電話問い合わせが激減し、受付スタッフが本来の受付業務に集中できるようになりました。そのために作業効率が上がり、さらに混雑解消につながっていくという良い循環が生まれました。
また、院内でも「番号表示モニター」で自分の順番がわかるため、患者様から「安心して待つことができる」というお声もいただくようになりました。

【感想】シンプルで内部の負担が少ないシステム

新しい仕組みを導入するとスタッフの負荷が増えてしまい、現場が混乱してしまうのでは?という懸念が当初はありました。しかし、ネコの目システムは混雑情報が簡単に配信できるだけではなく、機器構成と操作性も非常にシンプルでした。導入後すぐに本格的に運用できましたので、内部の負担が非常に少ないシステムだと感じています。