CASE

導入事例

導入事例 - 官公庁(伊勢原市役所 戸籍住民課・保険年金課・介護高齢課 様)

導入事例

地方創生臨時交付金を活用した窓口密集対策事業として
「新しい生活様式下の窓口運営は“密集対策”が必要不可欠」

採用された情報サービス

経緯
  • 他の自治体でも多く見られるようになったリアルタイム混雑状況確認の導入を検討していた。
  • 新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、窓口の運用に適したシステム選定だけではなく市民や職員の安心安全を意識したサービスを地方創生臨時交付金を活用して調達することに。
kimete
  • プロポーザルで提案を募った結果、 発券機+情報サービスで混雑分散することで密集対策を図れ、なおかつ、今まで使用していた発券機も有効活用しながら構築できる仕組みを採用した。
伊勢原市役所ポスター
混雑予測カレンダー
LINEポスター
受付発券機
受付発券機
混雑集計グラフ

様々なコンテンツを駆使し、安心・安全な窓口サービスの実現を目指します。

臨時窓口でもネコの目連携

「マイナンバーカード特設会場に導入」

  • EYE-QUEシステム同様、ネコの目.comと連携
  • 各機器がワイヤレスで簡易設置が可能なため、様々な会場レイアウトにも対応出来る機器を導入

交付システムとも連携

呼出通知サービス:順番が近づいた際にLINEもしくはメールで来庁者のスマートフォンに通知